食材宅配のデメリット

食材宅配サービスは非常に便利なサービスで多くのユーザーが利用していますが、いくつかデメリットがあります。

料金が割高になるケースも

スーパーマーケットなどで販売されている野菜やお肉、お惣菜と食材宅配サービスの商品とを比較すると料金が割高になるケースがあります。
ですが、食材宅配サービスで取り扱っている商品は栄養バランスや食材の安全性などにこだわっているものばかりですので、安心して食事を楽しみたいという方は多少割高になっても食材宅配サービスを選びたいという人も多いです。

送料が必要

食材宅配サービスは送料が必要となる場合があります。
ほとんどの食材宅配サービスでは一定以上の商品の購入で送料(配送料)を無料にしているのですが、家族などで利用するならまだしも一人暮らしの人ではなかなか難しい金額に設定されていることもあります。

注文してから日数が必要

食材宅配サービスの業者にもよりますが、注文してからすぐに商品が届くわけではありません。
業者によっては翌日には配送する、というところもあれば、数日必要となる場合もあります。
その部分についてはそれぞれでスタイルに合っている業者を選ぶようにしましょう。

年会費や入会費が必要

年会費無料の食材宅配サービスもありますが、基本的には入会金などの費用がかかることが多いです。
中には会員登録を行わなくても利用することができる食材宅配サービスもありますが、それだと料金が高くなるケースも。
総合的に見てみると、年会費などを払ったほうがお得になる場合の方が多いです。

メニューに飽きる

食材宅配サービスでは実に様々な献立が用意されていますが、それでも似たようなメニューばかりで味に飽きがきてしまうというのはひとつのデメリットだと考えることができるでしょう。

利用できない地域がある

食材宅配サービスはそれぞれの地域に強い業者に分かれているのですが、中には利用サービスを行っていない業者ばかりの地域もあります。
地域によって利用することができる場合と出来ない場合とがあるというデメリットもありますので、まずはご自身の住んでいる地域に食材宅配サービスがあるかを確認してみましょう。