State of the Net conferenceの概要

今週開催されたState of the Net conferenceで、新年の間政府のインターネット関連のプライオリティーを探検するために、会議、超党派的な議会のインターネットCaucusの年中行事、議員、スタッフとテクノロジー方針マニアはもう一度集まりました。

2、3のテーマは出てきました。そして、サイバー・セキュリティーの上のありうる立法、1996年のCommunications法のリライト、連邦電子機器による秘密情報収集法を改革することと中央政府とインターネット自治の規制をエンジニアリングによるグループからもぎ取ろうとしている国連の継続的な脅威を含みました。

しかし、一般的なコンセンサスは少なくとも次の数ヵ月の間、財政崖、負債天井と予算隔離が完全にワシントンを占領しておきそうだったということでした。そして、議員が、よかれあしかれ、インターネットを調整するほとんど時間を残しませんでした。

しかし、再開された議会の注意を得ることができた1つの話題は、ネットワーク中立です。DC Circuitのための米連邦高裁のほぼ2年の間未完了の訴訟では、より一般に中立が支配するネットワークとして知られて、ISPが合法のウェブ内容をブロックするのを禁ずる連邦通信委員会の2010「オープンなインターネット」命令の合法性に、ベライゾンとMetroPCSは疑問を呈しています。FCCは、敗訴しなければならないと、戦いは議会に答えることができました。