iPad4のレビュー

長い間、ほぼ10年実際、我々はノートでより高画質ディスプレイを求めていました。価値ノート部分のために無視されるままにしておかれる大部分の我々の嘆願で、多機能電話と結局タブレット・メーカーは、機会を利用しました。この頃$399-表示経験が$399+ノート経験より優れているために管理する499ドルのタブレット。ものは変わり始めているが、まだ十分に速くありません。駆動タブレットの最前線で、表示パフォーマンスは、そのRetina Displayを装備したiPad付きのアップルです。同社が直接低コスト・ノートまたはネットブック市場で決して本当に競争しない間、iPadは$500 ― 700ドルの統一小売価格 ― でコンピュータを望む消費者のアップルの解決でした。過去にパソコン・メーカーによって怠られた(例えば表示、無線連結性、使いやすさ)地域に集中することによって、アップルはなんとかiPadでこのスペースに全く成功していることができました。

その全体的な戦略の大きい部分として、イニシャルから家族が2010年に公開するiPadに定期的な更新を出す良い仕事を、アップルはしました。その時、ちょうど第3世代iPadの解放の7ヵ月後に、アップルは第4世代モデルでフォローアップしました。それは、iPadを$500 ― 700ドルの消費者のコンピュータ利用スペース ― の恐るべき競争者にした表示のような高品質tangiblesの統合に集中することに加えて厳しい実行サイクルです。最近のようにアップルがその汚名と戦おうとしていたが、iPadは大部分は内容の消費装置(少量の生産性で)のままです。内容の消費と生産の間のあなたの個人の釣合いは、iPadが主要なコンピューターとして用いられることができるかどうか、あるいは、それが単にあなたがすでに持っているものを増やすかどうか決定します。